Adobe CCをSurfacebook2で使ってみた体験

ハイスペックPC

私が使用しているSurfacebooke2の使用感をサンプルにして、アドビCCをこれから使用することを考えている人たちのために、どれだけのPCのスペックが必要とされているのか 考えてもらえるきっかけになってもらえたらうれしいです。

今、手持ちのPCのスペックもチェックしてみてくださいね。

PCのスペックは大丈夫?

 

データー処理の大きい作業をするとき、PCのスペックが足りないと思ったことはありませんか?
特にアドビCCのアプリを使用するときは、高いPCのスペックを求められます。

私の周囲でもPhoto shopで何かを作ったり、プレミアプロで動画を制作したりする人たちがいますが
PCのスペックが足りないことに気づいて スペックの高いPCの購入を考えたりする
人が多いです。

Phop shopよりも動画制作をする場合の方が高スペックなPCになりますが、とりあえずここではPhoto shopなどする上でどのくらいのスペックが必要になってくるのか 考えてみましょう。

 

Photo shopなどアドビCCを使用しようとするとき後で後悔しないために

 

パソコンのスペックが足りないとき
フリーズしたり、データー処理にやたらと長い時間がかかってしまいます。
それを避けるために、多少高くてもスペックに余裕のあるパソコンを選択すると
後悔しないで済みます。

イラストを描くだけでなく、RAW(高品位の写真編集など)データーを扱うときなど
は corei7~、Ryzen7~以上は選びたいものです。

 

Photo shopを操作するときの必要なスペックは?

私が使用しているSurfacesbook2はCPUがcorei7で16GB 以上です。今のところ、困っていませんがもっとデータ処理を求められるような作業になってくると、足りなくなるかもしれませんね。

でもとりあえず、以下のスペックは欲しいところです。

高いCPU(corei7~、Ryzen7~)
 16GB以上
 外部GPU搭載
 200GB以上のSSD
フルHD以上のディスプレイ

 

Surfacesbook2の特徴

私が使用しているPCは、アドビ系ソフトで何かを作るときは優秀なPCです。高い性能のGPUも備えているのでクリエイティブなことをするのに向いています。

Surfacesbook2のスペックは?

それでは、Surfacesbooke2のスペックはどれほどのものなのでしょうか。Surfacesbooke2で以下のようなスペックとなります。

 
OS/Office: Windows 10 Pro / Office Home & Business Premium プラス Office 365 サービス / 画面サイズ/重量: 13.5 インチ PixelSense / 約 1,630g
 メモリ/ストレージ容量 / CPU: 16GB/1TB / 第 8 世代 Intel Core i7-8650U 

 

Surfacesbook2の魅力的なところ

 

タブレットとノートPCとして2通りの使い方ができる。液晶画面とキーボードを分離させて使うこともできる。分離させず、タブレットとして使う方法もあります。

高解像度グラフィックカードを搭載しているのでフォトショップの操作にも支障なく安心して作業ができます。
(3Dゲームや、3Dグラフックをするときも大丈夫です)

グラフィックペンでディスプレイに描くとき、とても滑らかにペンを走らせることが出来てクリエイター作業にも申し分ないです。液タブの要素を持ち合わせています。  

Surfacesbook2の使用して気になったところ

 

タブレットととして切り離して使ったとき、タブレット側にもバッテリーが搭載されているのでが熱を持ちます。(バッテリーがディスプレイ側とキーボード側の2つに入っています)
切り離さないでタブレットとして使った方がそれほど熱は持たないようです。

(普通にPCとして使うときにはそれほど熱をもたないですが、分離して使うときはそういうことがあります)

気軽に外に持っていくには少し重たいです。

Surfacesbooke2古いVer.なのですが、もともと高性能なのでいまのところは支障はないです。
ただ、容量を使う作業をするとバッテリーの減りが早いです。

難点は高価というところがありますね。

 

まとめ

 

Photo shopをSurfacesbook2で使うことで 板タブや液タブを使わずにPCのみで作業が済むのはとても
魅力的だと思います。 限られた机のスペースの中で物をあまり置かずに作業ができるのは助かります。スマートにPC環境を整えたい人には望みを叶えてくれるPCのひとつでもあります。

Photo shopは、高性能なアプリなのでデーターを処理するのに時間がかかる上に、PCがPhoto shopを動作するのにPCに負担をかけます。それを動作させるPC上の環境はやはり大事です。

ここでは、私がSurfacesbook2を使用していたので紹介させてもらいましたが、
Surfacesでなくても、もう少し安くて高性能なPCもあります。

もちろん、Surfacebookもオススメです。(ただ、高いから他の選択肢も考えれると思います、購入するならせっかくなので最新版にしてくださいね)

これからクリエイターの活動を考えている人は、後悔しないように十分なスペックのものを用意しましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました